うさぎタイムズ編集部の佐俣(さまた)です。10月に入り、一段と空気が秋めいてきました。秋はうさぎさんの換毛期。夏用の短い毛が抜け、冬用の厚い被毛に変わります。だんだんと外気が冷たくなってくるので、冬に向けて寒さ対策も考え始めたいところです。
今回は、秋から冬にかけて何に気を付けたらいいか、お伝えします。
リビング うさぎ

うさぎさんも食欲の秋!換毛期は体力勝負

室内飼いが主流となってきているペットのうさぎ。部屋の中では季節の変化を感じ取りにくいものの、やはり秋に大量の毛が抜けます。

秋の換毛期は、たくさんの冬毛を生やし脂肪も蓄えるので、普段以上にエネルギーを消耗します。ペレットの食いつきがよく、通常量だとすぐに完食してしまうようなら増やしてあげます。この時期は栄養豊富な子ども用を与えてもいいでしょう。

換毛は頭からしっぽに向けてキレイに抜けていく子もいますが、いろんな場所がランダムに抜ける子もいます。飼い始めたばかりだと驚いてしまいますが、換毛期の脱毛は病気ではないので見守ってあげてください。
換毛期は軽くなでるだけでも大量の毛が抜けます。毎日丁寧にブラッシングをすれば、抜け毛の量が早く落ち着くので、飼い主さんが手伝ってあげましょう。

🐇ワンポイント・アドバイス🐇

換毛期のブラッシングはオーナーさんにとっても大変ですが、できるだけ軽くでもいいので毎日こまめにしてあげてください。
この時期にブラッシングをしてあげないと、うさぎさんが毛繕いする際に、毛を飲み込んでしまい毛球の原因となります。
ブラッシングが難しいという方は、手にブラッシング用のスプレーを吹きかけて手で撫でてあげるだけでも随分と変わりますのでお試しください。
そして、定期的にケアのできるショップさんでブラッシングをしてもらってください。
換毛期の食べ物に関しては参考記事を是非ご参考にしてください。

参考記事
春と秋はうさぎの換毛期 この時期に必要なケアは?

うさぎは温度差に敏感。秋は朝晩の寒暖差に注意

うさぎというと、真っ白ふわふわの野うさぎが一面の雪の中で飛び跳ねる映像を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
うさぎさんは暑さには弱いのですが、寒さには比較的強い動物です。しかし、気を付けたいのは寒暖差です。
日本の秋は、日中は夏のように暑くても、日が落ちると急に肌寒くなってきます。人間だって季節の変わり目は風邪をひきやすいといわれていますが、それはうさぎにとっても同じです。

特に子うさぎや高齢うさぎは、急な寒さが命にかかわることがあります。早朝や夕方の寒さに備え、エアコンで20℃前後に温度を一定に保つようにしてください。

窓の近くは意外に冷える

寒い時期は窓ガラスから冷気が伝わってきます。部屋の真ん中は暖かくても、ケージの中にいるうさぎは動けません。部屋で活動する人間はその寒さに気づきにくいので、窓から離れた位置にケージを設置したほうが安心です。
どうしても窓際にケージを置くなら、「断熱シートや梱包材を窓に貼る」「カーテンを厚いものに変える」など、寒さ対策を。隙間風が入ってこないかもチェックします。

玄関やベランダは絶対にダメ

玄関は日が当たらずエアコンもないので、特に夜間は底冷えします。そんなところにケージを直置きしたらうさぎさんが寒くなるのは当たり前です。冷たい空気は下に溜まり、歩いている人間は床の冷たさに気づかないので注意が必要です。
ペット用のうさぎさんをベランダなどの屋外で飼うと、確実に寿命を縮めます。温度を一定に保てる部屋の中で飼うようにしましょう。

ケージ内を温かく

うさぎ かご

干し草を敷く

冬は防寒を兼ねて、エサ用の牧草を床材として敷き詰めるのもいいでしょう。どうしても汚れてきてしまうので、適宜取り替えるようにします。

夜間はケージごと保温する

周りを段ボールで囲んだり、ケージに毛布を掛けたりすることで外気の侵入を防ぎます。ペットヒーターや湯たんぽを使うのもいいのですが、やけどしたり、コードをかじって感電したりしないように気をつけましょう。

🐇ワンポイント・アドバイス🐇

うさぎさん用のペットヒーターは、コードの部分か齧られてもコード本体に届かないように工夫されていますので、うさぎさん用のヒーターを使ってあげてください。また、毛布などをケージにかける際は、うさぎさんが毛布をケージの中に引き込まないように注意してください。

参考記事
【うさぎの感電】部屋んぽするなら気を付けて

うさぎを迎えたいとお考えの方は、ぜひうさぎ専門店へ!

うさぎ専門店では、うさぎのお世話の仕方から、日常のケア、病気のときのアドバイスなど、専門店ならではのきめ細やかなサポートをご提供しているところが多いので、初めてうさぎと暮らす方でも安心です。
うさぎと暮らしてみたい方は、まずはうさぎ専門店に行かれてはいかがでしょう。


The following two tabs change content below.
佐俣

佐俣

うさぎタイムズ編集部員、うさぎ専門ライターです。うさぎさんが、ただ「可愛らしいから」ではなく、正しく理解され、共に暮らすパートナー・家族としてお迎えしてもらえることを願っています。初心者の方にもわかりやすく情報をお伝えできればと思っています。