うさぎのことを調べるうちにますます興味が湧いてきたライターの佐俣(さまた)です。

幼稚園帰りにうさぎ屋さんに寄って、子うさぎちゃんがぴょこぴょこ跳ねる姿に釘づけになっています。

うさぎは生後半年ほどで大人になるので、人間と比べるとあっという間。

大人になったうさぎについて、気をつけなければならないことを見ていきましょう。

 

うさぎに生理はあるの?

「そういえばうちの子、女の子なのに生理らしきものがないけれど、もしかして病気?」と不安になったことがあるかもしれません。

犬に生理があるのは聞いた事がありますが、うさぎにもあるのでしょうか。

結論から言うと、うさぎには生理はありません。

ウサギやネコは、交尾によって排卵が起こる交尾排卵動物なので、ヒトやイヌのように周期的に排卵が起こることがなく、いわゆる「生理」という現象は起きないのです。

 

一年中妊娠が可能だから気をつけたいこと

性成熟したうさぎは、いつでも妊娠ができるようになります。個体差はあるものの生後半年ほどで成熟します。

相性が良ければ30秒で交尾が終わってしまうので、ほんの一瞬、目を離したすきに妊娠していたということも起こるようです。

年8回までは妊娠可能と言われていますが、一年に何度も出産すると、うさぎの体にとって大きな負担となり、寿命を縮めてしまうので避けなければなりません。

また、妊娠中に重複して受胎することもあるので、妊娠中や出産後も、オス、メスを一緒にしないようにしましょう。

参照URL 

ウサギ~日本獣医師会(霍野晋吉氏執筆)

 

尿に血が混じっていたら病気のサイン

うさぎの尿に血が混じっていた時に、生理かな?と思ってそのままにしてしまい、重大な病気を見過ごしてしまっては大変です。

うさぎには生理がないことを家族にも知らせて、みんなで見守りましょう。

出血は、体調不良のサインです。子宮の疾患や膀胱炎が疑われます。すぐに受診し、早めの対処が大切です。

家で飼われているうさぎは野生のうさぎよりも長生きしますが、4歳を過ぎると半数以上が子宮の病気になるといわれています。

病気にかかるリスクを減らし、長生きしてもらうために、体力のある若いうちに避妊手術を受けるのも選択肢の一つです。

参照コラム

うさぎの子宮疾患〜うさぎタイムズ

 

うさぎを迎えたいとお考えの方は、ぜひうさぎ専門店へ!

うさぎ専門店では、うさぎのお世話の仕方から、日常のケア、病気のときのアドバイスなど、専門店ならではのきめ細やかなサポートをご提供しているところが多いので、初めてうさぎと暮らす方でも安心です。

初めてうさぎと暮らしたい方は、まずはうさぎ専門店に行かれてはいかがでしょう。

 


The following two tabs change content below.
佐俣

佐俣

うさぎタイムズ編集部員、うさぎ専門ライターです。うさぎさんが、ただ「可愛らしいから」ではなく、正しく理解され、共に暮らすパートナー・家族としてお迎えしてもらえることを願っています。初心者の方にもわかりやすく情報をお伝えできればと思っています。