さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店|フェレット・リンク&ラビット・リンク

あなたのフェレットの1日あたりのフードの適量

フェレットの1日当たりのエネルギー要求量からフードの適量を計算することができます。 [CP_CALCULATED_FIELDS id="1"] フェレットは、通常食事量を制限する必要はありません。1日に必要なフードの目安量とお考えください。 ※体型による BCS(ボディ・コンディション・スコア)は加味しておりませんので、うさちゃんの体型を考慮してご利用ください。...

続きを読む

フェレットの災害時の備えについて

昨夜熊本で大規模な地震が発生しました。 地震の被害状況が心配なところです。日本には安全な場所がありません。 改めて災害への備えに思いを巡らされた方も多いかと思います。 ここでは「フェレット」のための備えについてお話ししたいと思います。 一時避難も含めて避難所生活を想定した場合、キャリーが必需品になります。 当店では、災害時にも抜群の機能性を発揮するケージとして「ライトキャ...

続きを読む

フェレットは飼いやすい?

thumbnail

「フェレットって飼いやすいですか?」 お電話でも店頭でも、よく聞かれる質問のひつとです。 フェレットが飼いやすいか、飼うのが難しいかは、きっとオーナー様の考え方や感じ方で違ってくるので、「飼いやすいです。」とも「飼いにくいです。」とも中々お答えし難いのが本当のところです。 どんな動物もそうですが、ぬいぐるみではないので、ご飯をあげたりトイレを掃除したり、病気になれば看病したり、動...

続きを読む

フェレットの病気 犬ジステンパーウイルス感染症

フェレットは犬ジステンパーに感染しやすく、感染すると致命率100%と言われています。ウィルスが体内に入ると最初にリンパ系に入り増殖し、呼吸器、消化器、中枢神経などに症状を引き起こします。潜伏期間は7~10日です。 〔原因〕 犬ジステンパーウイルスに感染することによって起こる病気です。ウイルスは主に飛沫感染し、鼻水、目ヤニ、排泄物などが感染源となります。 〔症状〕 初期は発熱、食欲不...

続きを読む

フェレットの病気 フィラリア症(犬糸状虫症)

フィラリア症は犬糸状虫症ともいわれ、蚊の吸血で感染します。 犬にとって非常に重要な病気ですが、フェレットにも感染することが知られています。フェレットは犬に比べて身体が小さいこともあり、感染すると重症になりやすく、治療も難しい病気です。予防法が確立されているので、しっかりと予防をすることが重要です。 〔原因〕 フィラリアに感染している動物の血液を吸った蚊に吸血されることにより感染します。感...

続きを読む

フェレットの病気 副腎腫よう

フェレットに多い病気の一つとされています。 副腎とは、腎臓の近くに左右一対で位置するそら豆の半分ほどの大きさの臓器です。この副腎からはさまざまな機能を司る重要なホルモンが分泌されていて、生命の維持にとって大変重要な臓器です。腫瘍化した副腎はさまざまな症状が引き起こします。 〔原因〕 副腎が腫瘍化することによってさまざまな症状が引き起こされます。副腎腫瘍の多くは良性腫瘍ですが、まれに悪性腫...

続きを読む

フェレットの病気 インスリノーマ(すい島細胞腫:すいとうさいぼうしゅ)

フェレットに多いとされる病気の一つです。 膵臓にあるインスリンを分泌するβ細胞が腫瘍化する病気がインスリノーマです。インスリンは、血糖値を下げるホルモンでので、インスリノーマを発症すると低血糖の症状を起こし、場合によっては死に至ることもあります。 〔原因〕 インスリノーマが発生するはっきりとした原因は特定されていません。 健康な状態では、膵臓のβ細胞からインスリンがバランスよく分泌され...

続きを読む

フェレットの病気 前立腺疾患

前立腺は膀胱の前方にあり、前立腺液を分泌し、生死を活発にする働きがあります。前立腺疾患は、何らかの原因で前立腺が腫れ、主に尿が出にくくなるなどの症状が起きる病気の総称です。 〔原因〕 前立腺が腫れる原因の多くは、副腎疾患によって性ホルモンが過度に分泌されることによります。前立腺は尿道を囲んでいるため、腫れると尿道を圧迫したり、性ホルモンによって増殖した細胞が尿道を閉塞したりします。...

続きを読む

フェレットの病気 エストロゲン過剰症

エストロゲン過剰症は、発情中にはエストロゲンという性ホルモンが分泌され、発情が持続することによりエストロゲンが長期間、過剰に分泌されて、白血球や血小板の減少や貧血を引き起こす病気です。 避妊されているフェレットでは通常このような症状にはなりませんが、副腎疾患を起こすとエストロゲンの分泌が続きます。 〔原因〕 避妊済みのフェレットの場合、卵巣の一部が体内に残っている場合や副腎腫瘍の場合には...

続きを読む

フェレットの病気 歯髄炎

歯髄は歯の内部にある、血管や神経のある組織ですが、歯髄炎は、その歯髄に細菌による感染が起こることで発症します。フェレットの犬歯は鋭く長いため簡単に折れやすく、歯髄炎の発症が多いといわれています。 〔原因〕 硬いものを噛む癖があるフェレットの場合、歯が折れたり欠けたりして歯髄が露出してしまい、そこから感染を起こし歯髄炎になることがあります。また、フェレットの犬歯は鋭く、ヒトを噛んだと...

続きを読む

フェレットの病気 白内障

目には水晶体と呼ばれるカメラのレンズと同じ役目をする器官があります。水晶体は正常な状態では透明ですが、白内障はこの水晶体の一部もしくは全部が何らかの原因で変性し、白く濁ってしまう病気です。 〔原因〕 白内障には加齢とともに発症する「老年性白内障」や、若齢のうちに発症する「若年性白内障」などがあります。一般的に、「老年性白内障」は加齢が原因となり、高齢のフェレットで症状が現れますが、...

続きを読む

フェレットの病気 胃潰よう

胃潰瘍とは、胃粘膜の防御機構がさまざまな原因で崩れ、胃粘膜に「びらん」あるいは「潰瘍(かいよう)」(※)が形成される状態をいいます。フェレットには胃潰瘍が多いことが知られています。 フェレットの腸管は細くて短く、盲腸がありません。そのため、食物の通過に要する時間が短く、排泄回数が多いことが特徴です。このようなことから、胃潰瘍をはじめ、フェレットの消化器疾患は症状が発生するまでの過程も早い...

続きを読む

フェレットの病気 インフルエンザ

ヒトが罹るインフルエンザの中にはフェレットにも感染するものがあります。フェレットがインフルエンザにかかると、ヒトと同様、呼吸器症状(くしゃみ、鼻水、せき)を起こし、悪化すると死亡することもあります。 〔原因〕 飼い主さんの感染しているインフルエンザウイルスが、飛沫(くしゃみなどをした拍子に出た鼻水や唾液)を介してフェレットに感染します。また、インフルエンザに感染したフェレットの飛沫...

続きを読む

フェレットの病気 アリューシャン病

"アリューシャンミンク"というミンク(フェレットと同じイタチ科に属する動物)に高率に感染することから名づけられた、パルボウイルスによるウイルス感染症です。 〔原因〕 パルボウイルスの感染により発症します。ウイルスは感染しているミンクやフェレットから唾液、尿、糞中に排泄されたウイルスを通して感染します。 〔症状〕 アリューシャンミンクでは、命に関わる感染症ですが、アリューシャンミンク...

続きを読む

フェレットフードの選び方

フェレットフードは、フェレットの主食で毎日食べるモノです。 当然体に与える影響が最も高いものですから、どうか適切なフェレットフードを与えていただきたいと思います。 ヒトもそうですが、知らずに食べ続けて体内に蓄積された物質により原因の分からない体調不良に襲われたり、様々な病気を発症したりということはご存知の通りです。 フェレットでも同様のことが考えられます。 フェレットは自分...

続きを読む
ケア予約

Campaign

  • うさぎコンテスト応募作品
  • フェレットコンテスト応募作品

Shop Information

店舗住所

さいたま市浦和区北浦和1-20-9

アクセス

JR北浦和駅東口より徒歩7分

電話番号

048-799-2145

営業時間

12:00〜20:00

定休日

毎週水曜日
※水曜日が祝日の場合は翌平日

詳細を見る

Business Calendar

Follow us SNS

フェレット & うさぎ

  • LINE

フェレット

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

うさぎ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
マスコット