さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店|フェレット・リンク&ラビット・リンク

フェレットの病気 インスリノーマ(すい島細胞腫:すいとうさいぼうしゅ)

フェレットに多いとされる病気の一つです。
膵臓にあるインスリンを分泌するβ細胞が腫瘍化する病気がインスリノーマです。インスリンは、血糖値を下げるホルモンでので、インスリノーマを発症すると低血糖の症状を起こし、場合によっては死に至ることもあります。

〔原因〕
インスリノーマが発生するはっきりとした原因は特定されていません。
健康な状態では、膵臓のβ細胞からインスリンがバランスよく分泌されることで、体内の血糖値がコントロールされています。ところがβ細胞が腫瘍化すると、多量にインスリンが分泌されるため血糖値が下がりすぎて、低血糖の症状をおこします。インスリノーマは中高齢のフェレットに発症が多いようです。

〔症状〕
主な症状は、ふらつき、ぐったりする、泡を吐く、元気・食欲消失などがあります。また血糖値の低下が進行すると、全身性の痙攣発作、昏睡などが起こります。

〔治療〕
内科的治療と外科的治療があります。
外科的治療では腫瘍を摘出しますが、多くの場合併せて内科治療も必要となります。
高齢や健康状態により外科的治療が難しい場合は内科的治療のみを行います。
内科的治療は、ステロイド剤などの投与で血糖値を上昇させて低血糖を防いだり、高タンパク食などを用いた食事療法を行います。
低血糖症状が出た場合、フェレットの意識がしっかりある場合はブドウ糖の投与を口から行いますが、意識がない等の理由で口からの投与が難しい場合は、ブドウ糖の静脈内注射を行います。また、血糖値を上げる作用のあるステロイド剤を注射する場合もあります。

〔予防〕
インスリノーマが発症する原因は特定されていないため予防は困難です。
このため、普段からの栄養バランスの取れた適切で良質な食餌と適量の運動が予防に効果的であると考えています。
また、上記のような症状が見られたら早めに動物病院にご通院ください。症状が重篤になる前に適切な治療を行うためにも早期発見が重要です。

〔参考〕
インスリノーマの子に対しては、免疫力、抵抗力を高める効果が大きい「ウミヨ ペット」の投与で間接的に症状を緩和させることが期待できます。


  • うさぎタイムズ
  • フェレット情報局
  • ケア予約

Campaign

  • うさぎコンテスト応募作品
  • フェレットコンテスト応募作品

Shop Information

店舗住所

さいたま市浦和区北浦和1-20-9

アクセス

JR北浦和駅東口より徒歩7分

電話番号

048-799-2145

048-799-2145

営業時間

12:00~19:00

定休日

毎週水曜日
※水曜日が祝日の場合は翌平日

詳細を見る

Business Calendar

Follow us SNS

フェレット & うさぎ

  • LINE

フェレット

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

うさぎ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
マスコット