さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店|フェレット・リンク&ラビット・リンク

バッチフラワーレメディ ウォールナット

¥2200

在庫あり

■期待される状態
環境の変化にも対応することが出来ます。
■ネガティブな状態
家族構成の変化、引っ越し、旅行などの環境の変化に対応できない、去勢や避妊後に
成長期、更年期、老年期にいたるまでの体の変化、環境の変化の時期にうまく対応することが出来ない。

■内容量/10ml

■成分原材料/ウォールナット、水、グリセリン

■使い方
選んだレメディを各2滴(レスキューレメディのみ4滴)直接口の中に垂らすか、水または飲み物に入れて飲ませます。1日4回以上を目安にお使いください。
医薬品のように「食後30分以内に服用する」などの決まりはありませんから、できるだけ等間隔で与えてあげてください。
※反応には個体差があります。選んだレメディは2,3週間を目安にお使いください。

■トリートメントボトルの作り方
長期間にわたって使用する時、しばらく同じレメディを使い続けたい時などはトリートメントボトルを作ることもできます。
ただし、トリートメントボトルは使用する材料(水)の違いなどによって、必ずしも原液と同じ効果を保証するものではありません。個人の判断によってご使用下さい。
①30mlのトリートメントボトルに水道水を入れます。
②選んだレメディ(3種類ほどが理想です。最多6~7種類まで)を2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴を①に入れてください。なお、レスキューレメディは1種類としてカウントします。
③完成したトリートメントボトルから1日4回以上、4滴ずつ飲ませるようにします。直接口にたらしたり、飲み物や食べ物に入れるなど、続けやすい方法を見つけてください。 必要性を感じるような時には、より頻繁に飲んでも構いません。
④トリートメントボトルは冷蔵庫で保管して、早めに使い切るようにします。
⑤感情や精神状態に変化が生じたら、あらためてレメディを選び直すようにします。トリートメントボトルでレメディの種類を加える場合には(ただし、7種類以内)途中で足しても構いませんが、種類を変える場合はもう1度作り直すようにします。
※トリートメントボトルを作り直す時は、必ず洗ってきれいな状態にしてからお使いください。ボトル本体とスポイトのガラス製部分は煮沸消毒をします。鍋に全体がひたるくらいの量の水とともに入れ、10分ほど加熱してください。キャップとスポイトのゴム製部分は、よく洗ってから熱湯を通して消毒します。

■バッチフラワーレメディとは
世界60ヶ国以上の国で、医師や看護士、獣医師が活用している「心や感情のバランスを整える」自然療法です。
バッチフラワーレメディは、お花を原料に用いたエッセンスを飲むことにより、ストレスやマイナス感情を和らげる製品です。1936年にイギリスの医師であり、細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発されました。
バッチ博士は、さまざまな不調の原因はマイナス感情と関係があることに気付き、そして、長年の研究の結果、人間の持つ感情や性格のパターンを38種類に分類し、それぞれの感情を癒す38種類のお花を苦心の末、次々に発見していきました。
開発から70年以上経った現在、製品は、バッチ博士が開発をした場所である、イギリスのバッチセンター周辺の草花により母液が製造され、150年以上の歴史があるイギリスのネルソン社でボトリングされています。 60カ国以上で年間800万本以上(10mlボトル換算、レスキューシリーズ含)販売されています。日本では約15年前より販売されており、当店では38種類の中から特にペットに適した21種類を厳選してご案内しております。


  • うさぎタイムズ
  • ケア予約

Campaign

  • うさぎコンテスト応募作品
  • フェレットコンテスト応募作品

Shop Information

店舗住所

さいたま市浦和区北浦和1-20-9

アクセス

JR北浦和駅東口より徒歩7分

電話番号

048-799-2145

営業時間

12:00〜20:00

定休日

毎週水曜日
※水曜日が祝日の場合は翌平日

詳細を見る

Business Calendar

Follow us SNS

フェレット & うさぎ

  • LINE

フェレット

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

うさぎ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
マスコット