さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店|フェレット・リンク&ラビット・リンク

フェレットフードについて

フェレットは自分で食べるものを選ぶことができないので、是非ともオーナー様には適切なフェレットフードを選んで与えてあげていただきたいと思います。

そのためにはどのようにフードを選べばよいのかということが問題になりますが、私どもは以下の基準でフェレットフードを選定してオーナー様に推奨しております。

ご参考にしていただければ幸いです。

1.原材料がヒューマンレベル(人が食べる用の原材料)であること。
ヒューマンレベルではない原材料を使用している場合、例えば鶏肉といっても食用に適さないものが使われています。
つまり、病死した鶏肉、残留物質の関係で食用に適しなかった鶏肉など、薬物や飼料添加材が多く残留し、それを毎日摂取することはとても危険なことです。

2.本来不必要な粗悪な穀物、増量材、甘味料が含まれていないこと。
化学保存料はもちろんのこと、消化吸収できない粗悪な穀物、糖分など、摂取することにより中毒性や毒性のあるもの、あるいは摂取自体できない粗悪な穀物や増量材としてのみ使用されているものは、体調不良の原因となります。

3.自然の食生活に近い栄養素で構成されている。
完全肉食動物のフェレットでも肉(動物性たんぱく質)ばかりを食べているわけではなく、ネズミなどの胃の中に残っている大豆などの食物も一緒に摂取して栄養としていたことから、バランスよくミネラルやビタミンを摂取していました。このため良質で摂取しやす穀物やフルーツの存在も大切です。

当店の推奨しているフードは、フェレットに必要な栄養素を考慮しつつ、原材料の品質、原材料の配合順、種類を重点的に精査し、提供フードメーカーのポリシーについても選定の基準として推奨させていただいております。

推奨フードの銘柄につきましては、是非店頭でスタッフにお尋ねください。

また、皆さまでフェレットフードをお選びいただく際に、以下の10項目をひとつの目安としてお選びいただくことをお薦めいたします。

1.保存料として有害なBHA、BHT、エトキシキン等が使用されていない。
2.人工保存料や防腐剤などが残留していない安全な原材料を使用してる。
3.人工保存料や防腐剤、薬品などの残留リスクとなる副産物を使用していない。
4.たんぱく質が、34%以上である。
5.脂肪が、18%以上である。
6.繊維は、3.5%以下である。
7.灰分は、7%未満である。
8.着色料、香料、人工保存料は使われていない。
9.植物性たんぱく質が入っていない。
10.炭水化物の量が少ない。


Campaign

  • うさぎコンテスト応募作品
  • フェレットコンテスト応募作品

Shop Information

店舗住所

さいたま市浦和区北浦和1-20-9

アクセス

JR北浦和駅東口より徒歩7分

電話番号

048-799-2145

営業時間

12:00〜20:00

定休日

毎週水曜日
※水曜日が祝日の場合は翌平日

詳細を見る

Business Calendar

Follow us SNS

フェレット & うさぎ

  • LINE

フェレット

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

うさぎ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
マスコット