さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店|フェレット・リンク&ラビット・リンク

うさぎの入浴について ーお風呂に入れるのはどうなのか?ー

初めてうさぎさんをお迎えされる方に、

「ウサギはお風呂に入れるんですか?」

とよく聞かれます。

また、ネット上ではうさぎをお風呂に入れている動画などが投稿され、

「気持ち良さそうだ。」というコメント共に、「虐待だからすぐにやめてください。」というコメントが見受けられます。

そこで今回はうさぎさんの入浴についてお話ししたいと思います。

うさぎさんの入浴の是非

結論からお話しすると元気な子の場合、お風呂に入れることは避けてください。

お風呂に入れること(水に濡らすこと)が、うさぎさんにとってメリットがなく、デメリットが多すぎるからです。

【デメリット】

  • 水中の体勢は、自然な体勢ではなくパニックを起こす傾向があります。
    ※個体差はもちろんありますが、うさぎは自然界では濡れることを嫌う傾向にあり、全体としてパニックに陥る子が多く、思わぬ行動による脊髄の損傷などの大怪我のリスクがあることは認識すべきことです。
  • 濡れたうさぎを乾かすのは大変で、素早く上手に乾かせてあげないと呼吸器感染症や低体温症になるリスクがあります。
  • 体温調節能力が低いため、低体温症になるリスクが高い。
    ※汗腺がなく、パンティング(舌を出し息をハアハアと早めに呼吸する)の能力が他の動物に比べても極めて低いことから体温調節能力は高くありません。

以上のように、多くのリスクを抱えるため、うさぎをお風呂に入れることはもちろん、水に濡らす、シャワーをかけるなどの行為は避けるようにお願いいたします。

万が一濡らしてしまった場合は、乾いたタオルで全身の被毛を優しく包んで余分な水分をできるだけ早く拭き取り、温かい環境でヘアドライヤーを使用して、慎重に優しく被毛を乾かしてください。

※ドライヤーはうさぎから離れた位置から温風を当てるようにし、うさぎが熱くないかを慎重に確認しながら使用してください。
※ャワーは水の勢いや、音で驚かせてしまうことがありますので、慎重に扱うようにしてください。シャワーを使わず、手でかけてあげるなど、優しく扱うことが大切になります。

例外として

うさぎさん自身が、高齢や怪我、病気などで、自身のお尻回りを綺麗にケアできない場合、尿やけなど皮膚の炎症を起こしてしまうケースがあります。そうした際には、健康を維持するために部分洗いを行います。

そうした場合でも、十分に注意しながらしっかりと保定し、ぬるま湯で部分洗いするのが基本となります。

 

 


  • うさぎタイムズ
  • ケア予約

Campaign

  • うさぎコンテスト応募作品
  • フェレットコンテスト応募作品

Shop Information

店舗住所

さいたま市浦和区北浦和1-20-9

アクセス

JR北浦和駅東口より徒歩7分

電話番号

048-799-2145

048-799-2145

営業時間

12:00~19:00

定休日

毎週水曜日
※水曜日が祝日の場合は翌平日

詳細を見る

Business Calendar

Follow us SNS

フェレット & うさぎ

  • LINE

フェレット

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

うさぎ

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
マスコット